「できるだけ自然のままで」というコンセプトで作られたむかわ町穂別キャンプ場に行ってきました!青空サイト、森林サイト、川、バンガローなど多種多彩な過ごし方を出来る場所です。

川遊びがとにかく気持ち良いこと、森林の中で過ごす時間が最高に気持ちよかったです!

スポンサーリンク

むかわ町穂別キャンプ場 キャンプ場紹介

むかわ町穂別キャンプ場のマップ

むかわ町穂別キャンプ場の詳細情報

  • 名称:穂別キャンプ場
  • 住所:〒054-0201 北海道勇払郡むかわ町穂別稲里553−8
  • TEL:0145-45-3244
  • WEB:http://hobetsu-camp.com/
  • 予約方法:電話

札幌からは高速道路を利用して、おおよお1時間半ほどで到着しました。途中、夕張の道の駅がありまして、メロンソフトをいただきました。これがまた美味い!

サイト

林間オートサイト

2つの川に挟まれたサイトです。森林が多くありますので、強い日差しの日でも涼しく過ごせそう。

川のせせらぎが気持ちよかったです。

6サイトと少なめですので、早めの予約が必要になりそうです。

青空オートサイト

森林サイトに比べ、文字通り青空に面したサイトです。

床は小石になっています。

左のA側は川に面していますが、右のB側は面していません。

川遊びがしたい子どもたちを見ているには、A側のサイトが良さそうです。

フリーサイト

とても広大な敷地で、芝もきれいに管理されています。

写真の通り日陰がありませんので、暑い日は辛いかもしれませんね。

川沿いの木の下にも設置可能ですので、そちらも良いかもしれません。

センターハウス近くからリアカーを借りれます。

キャビン・バンガロー

可愛いサイズのバンガローが多い印象です。

バンガローの名前は、シンデレラなど童話に出てくる名前が使われています。子どもたちが喜びそうですね。

充実しすぎているセンターハウス

営業時間は朝の9時から夕方5時まで。

意外と早めに終わるので、お気をつけください。

充実しすぎているセンターハウスの売り場。素晴らしいの一言です。

.

ロッカーが4つありました。貴重品を入れておくのも良さそうです。

むかわ町は化石がよく発掘された場所らしいですね。

たくさんのアンモナイトがありました。

充実しすぎているセンターハウスの売店がすごすぎる

なーんでもあります!(笑)

コンビニと間違うくらいに充実していますね。

野菜売り場がありましたが、野菜の品揃えは余りなさそう。キャンプ場周辺には直売所がある情報も入っていますので、地元産の野菜を仕入れるのも良さそうです。

手ぶらで行っても大丈夫じゃないか?というほど、充実している内容です。お肉はもちろん、お酒、お菓子もありますし、カップ麺や炭、トング、軍手まで。

ゴミ袋の販売も行っています。購入していけばキャンプ場で捨てることができます。

1枚20円から40円ほどとリーズナブル!

パークゴルフ

センターハウスでパークゴルフをレンタルしてプレーすることができます。

大人200円、中学生以下100円、用具セット100円とだいぶリーズナブルにできます。

子どもたちと一緒に回りながらやるのも楽しそうですね。

子どもたちが遊ぶのに適した浅い川が流れています。

川の水もとってもキレイで、美しい。

気持ちよかったです。

魚の姿も見えましたので、釣りも楽しめそうですね。

クワガタもゲット

焚火が終わり、あたりが真っ暗になったらクワガタ探しにレッツゴー。

2匹のメスをゲットできました!

基本的には電気が付いている近くにいます。

木の電柱の下にいることが多いよと管理人さんのアドバイスのもとに探してみると、すぐに発見することができました。やっぱり管理人さんはすごいですね。

まとめ

受付をすると、木の宿泊手形をプレゼントしてくださいました! これはキャンプの記念になること間違いなしです。他のキャンプ場でも作って欲しいくらいです。

自然たっぷりで、常時気持ち良く過ごすことができました。平日だったこともあり、来場者はほとんどいませんでした。

ただ二日目の早い時間から、用具で草刈りが行われていたことが残念です。音がうるさすぎて、ゆっくりできません。この点は気を配ってほしかった点ですね。(こちらも伝えればよかったのですが、川を挟んでいたため言いづらかった)

帰り際は、温泉に入り、化石博物館にも行ってきました。

また行きたいキャンプ場です!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事